樹脂版で刻印できるんじゃないか?とSNS系でざわざわしていますので

実際に実験してみました。

PA310040

使用した樹脂版は【れたぷれ!】で厚紙を凹ませて印刷する、デザインを自分で作成できる樹脂版キットです。

厚紙を凹ませて印刷する手法を「活版印刷」や「レタープレス」といいます。

今回使用の樹脂版を実際に印刷したものがこちらになります。

P8100025

今回の刻印で使用した道具

・100円ショップで購入した、「A6硬質カードケース」

PA310002

エンボッサー(ハンディプレス)

PA310009

・樹脂版を貼りつけるのりスプレー

・牛ヌメ革

刻印する工程

今回は革のサイズが長さのあるものを使用したので「A6硬質カードケース」に細工します。

PA310015 PA310016

閉じられている長い面を切り取り通りぬけらる状態にし、長めの革を通せるようにします。

使用する樹脂版の背面にのりスプレーをします。

PA310025

カードケースの内側に貼りつけ、ズレがおきないようにします。

PA310027

樹脂版を貼りつけたカードケースに革を通します。

PA310028 PA310030

今回は金槌や棒を使わず、ハンディプレス機(エンボッサー)を使います。

PA310031

ちなみに、このエンボッサーという道具は、丸い円状の部分に凹凸樹脂をつけ、紙をはさんで

文字や絵を凸状に加工する為の道具です。

P4070003

エンボッサーに樹脂を取り付けずに今回はプレス機として使用します。

PA310032

カードケースに貼りつけた樹脂版の全体をプレスするように、ずらしながらプレスしていきます。

PA310033 PA310034

樹脂版通り刻印されました。

PA310035 PA310045

実際にプレスした感覚では厚紙よりも革の方がやわらかいので、樹脂版が痛む事もなく

繰り返し長く使えると思います。

PA310053

刻印は樹脂版で作る時代の扉を開けちゃいました。

 

※こちらの記事掲載以降、複数のプロのレザークラフトショップでも既にお使いいただいております。

 

エンボッサーセット方法PDF

レザー刻印 その他の記事お勧め

ロゴジェネレーターを使って刻印

「れたぷれ!」を使う理由