P42006531

最近は「ハンドメイド」系の作品、製品をネットやスマホで販売できるサービスが増え、

一般化しつつあります。

自分で作成したものを販売できる、またはすでに販売されているという主なサービスでは

・「ヤフオク!

・「minne(ミンネ)

・「iichi(いいち)

スマホアプリでは

・「メルカリ

・「フリル

等があります。

海外では「Etsy」という同様なネットでハンドメイド作品等を売買できるサービスが以前からあります。

「letter press」や「letter press cards」で検索すると沢山の作家さんによる作品が

販売されております。

日本で言う「活版印刷」=海外では「letter press」に訳されます。

現状の日本国内での活版印刷作品の販売はプロが行うものと認識されているのかと思いますが、

海外では趣味で作成している方からプロまで幅広い層が作品を販売されています。

※そもそも、日本国内では趣味で活版印刷ができる術がなかった事が原因となりますが・・・。

樹脂版が自身で作成できるキット「れたぷれ!」ができた事により、趣味のレベルでも「活版印刷」が

作成できる事となりました。

P5180010-300x225 P5180052-300x225

「れたぷれ!」で作成した樹脂版は、[ミニ]レタープレスコンボキットで印刷(活版印刷)

できますが、通常のレタープレスコンボキットでも使用可能です。

PB010100 P1180218

photo-4 photo-21

※レタープレスコンボキットには複数の種類がございます、どのキットでも使用可能です。

もし、作成した自分のオリジナルカードが売れていけば、さらに樹脂版(れたぷれ!)を買い足して

作品数を増やして行く事もできます。

国内ではまだ限られた数の出品者しかおりませんので、趣味レベルの我々でもライバルがほぼいない

状態です、数年後には複数の作家さんが自身の作品を販売していると思いますが、

今から始められる人は、そのときはおそらく先頭を走っている事になるのでは無いでしょうか。

まずは、自分が「こんなカードが欲しい」というものを作ってみれば、他の誰かもそれを欲しいと

思ってくれると思います。

作成工程の参考記事はこちら

活版印刷名刺が、おうちで刷れる時代になりました

※樹脂版の作成から印刷までの工程を見られます。