P2210056

【真っ黒ネガフィルム】は「ふぃらっふぃら」のすぐにカールしてしまう極薄のA6サイズの

真っ黒なフィルムで、少し扱いに手間取りますが、数百万円の専用機材に近い仕上がりの

ネガフィルムを作成できますので、使い方をマスターしましょう。

下記のものが必要となります。

・トナー印刷された原稿

・ラミネーター、ラミネーターフィルム

・はがき、又ははがき程度の厚みの紙(ラミネーターと通す際の下敷き)

を用意しましょう。

 

パソコンで、スタンプや活版印刷用の樹脂版のデザイン、絵柄を作成します。

モノクロレーザープリンターをお持ちの方はそのままプリントアウト。

インクジェットのプリンターしか無い方はプリントアウトしたものをコンビニでコピーして来ます。

4874118b

必ず、【トナー】で印刷された原稿を用意しましょう。

※真っ黒ネガフィルムの黒顔料はトナーに吸着する特性を持たせています。

今回はこの画像を使います。

il_fullxfull.870300993_nzfp_e0

これをトナー印刷で用意します。

P2210001

印刷されたデザイン部分をはさみでカットし、少し大きめのサイズで【真っ黒ネガフィルム】

を用意します。

P2210007

この2つを重ねてラミネーターへ通す為、土台用にはがき、又ははがき程度の厚みのある紙を下敷き

にして、熱に溶けないテープ(マスキングテープ)で貼り付けます。

P2210023

はがき、又ははがき程度の厚紙の上にサイズに合わせてカットした原稿を乗せます。

これはテープで固定せず、さらに上から真っ黒ネガフィルムを重ねて、テープで固定します。

P2210026

たるみやシワが出来ないように貼り付け、このままラミネーターへ通します。

P2210027 P2210030

通したてでは黒フィルムの顔料が熱でやわらかくなっているので、すぐに取ってしまうと

顔料が伸びてデザインした図柄がくずれる事がありますので、少しこのまま冷まします。

P2210031

1分程度で大丈夫ですので、ゆっくり剥がしていくと、デザイン部分だけがキレイに抜けています。P2210032 P2210033

続けてこのフィルムをラミネーターフィルムに挟んでラミネートします。

P2210035 P2210036

ラミネートされるとキレイにフィルムもシワ等が伸びてネガフィルムの完成です。

P2210040

P2210041 P2210050

後ろからライトを当てても光が透過しない真っ黒なネガフィルムとなっています。

P2210056

ラミネートされているので、このネガフィルムを何度も繰り返し使う事も出来ます。

 

※下敷きにしているはがきについて、レーザープリンターをお持ちの方は印刷の紙自体が厚めの

ものに印刷すれば、下敷きは不要となり、印刷部分にそのまま真っ黒ネガフィルムをテープで固定

してラミネーターを通す事が出来ます。

 

【真っ黒ネガフィルム】は各樹脂セットで

すたんぷつくーる!

すたんぷつくーる!plus

れたぷれ!

箱ロゴすたんぷ!

に付属するセットで販売となります。

1枚樹脂セットには【真っ黒ネガフィルム】が3枚

お徳用の

3枚樹脂セットには【真っ黒ネガフィルム】が5枚

で付属します。

 

※シルクスクリーンをされている方は上記の真っ黒ネガフィルムを応用すれば

真っ黒ポジフィルムを作成する事が出来ます。

レーザープリンター用OHPシートに印刷し、トナーの上から真っ黒顔料をさらに

乗せる形となり完全遮光のポジフィルムが作成できます。