インクジェット透明フィルムはお使いのプリンターによっては「透明フィルム」を「感知できない」為に印刷ができないタイプのものがございます、

これを解決する為に下記方法にて「ネガフィルム」のプリントアウトを試してみてください。

● 少し硬めの紙を用意します、今回は「POPシート」という少し硬めの店頭で商品広告用にプリントして貼るタイプの紙を使います。

※1枚作成すれば今後この紙で何度も透明フィルムに印刷する事ができます。

使えるフリーソフト【ラベルプロデューサー】(マクセル)」で説明させて頂いているような

毎回同じ位置に同じ大きさでプリントできるタイプのソフトを利用します。

 

● 先ほどの「POPシート」にご使用のソフトで下図のようにプリントをします

P5020720

 

この位置が今後毎回フィルムをプリントする位置となります。

 

● 梱包用のテープ「OPPテープ」を用意し、先ほどプリントした「四角形」の上に貼って行きます

P5020721 P5020723

四角形全面を覆うようにテープを貼ってください。

P5020727

 

 

● インクジェット透明フィルムを四角形より少し大きめにカットします

P5020729

 

 

● 「貼ってはがせるのりスプレー」を用意し、切ったフィルムを貼りつけます

P5020732 P5020733

 

● 上記でPOPシートにフィルムを固定した紙をプリンターでプリントアウトします

P5020734

 

● フィルムをはがします

P5020736

 

●きれいに印刷されました

P5020738

 

完成です

 

上記で作成したPOPシートの台紙を取っておけば、毎回のりスプレーでフィルムを貼ってプリントができます。

 

※黒印刷が薄い場合、感光時に溶かしたい部分も紫外線を受け凹凸が出来ず、ただの板になってしまう事があります。黒印刷は、【より黒く】してしっかり紫外線をカットしましょう。コツは↓

上手な製版【ネガフィルムはより黒く】