このたびは【樹脂版セット プレゼント企画】に沢山のご応募をいただき、誠にありがとうございます。

今回のリツイート企画の趣旨は新たに製品化にチャレンジしている【フリ・コミ簡易什器】を沢山の人に

知ってもらう事が趣旨として企画いたしました。

PA220075タイトル01

―――――――――――――――――――――――――――

追記

現在「すたんぷつくーる!ストア」にて販売開始しました。

―――――――――――――――――――――――――――

ご参加頂いたいくつかの中には「通りすがりのリツイート」がございまして、こちらも大歓迎なのですが

2つのツイートをリツイートしていただく事が応募資格となっておりましたので、

参加者の方の応募がいくつか成立しておりませんでした。

【当選者発表】

当選者様には直接ツイッターダイレクトメールにて連絡させていただいております。

連絡は11/21までに連絡通知いたします。

【樹脂版セット】

今回プレゼントの樹脂版セットは

33d1ddb62243eb613ec050f7361c37a5 2afd829d7b7dc6a3c61c2acb5d90d08a c02a21146f81969808999741aea9d720

すたんぷつくーる!樹脂版】【すたんぷつくーる!plus樹脂版】【れたぷれ!樹脂版

各樹脂版1枚(A6サイズ)と「インクジェット透明フィルム」3枚(A6サイズ)のセットとなります。

すでに「start-kit」をお持ちの方は樹脂版洗い出し用の【ブラシ】と感光用の【感光フレーム】が

ありますので、そのまま樹脂版作成が行えます。

「start-kit」をお持ちでないかたは別途【ブラシ】と【感光フレーム】を

ご用意いただく必要がございます。

★【ブラシ】について

小さな樹脂版を作成する方(5cm角程度)については、市販の歯ブラシで代用できます。

img_goods

10cm角以上のサイズになってくると歯ブラシでの洗い出しはしんどくなってきますので

少し大きめのブラシが必要となります。ブラシが硬いと樹脂を傷つけますので、適度なものが

必要となります。

ita-brush11-e1458187929548

★【感光フレーム】について

樹脂版等を挟める厚さ3mm前後をはさめるタイプのフォトフレーム的なものをご用意ください。

薄いフォトフレームでは、写真を入れる程度に作られているので、樹脂版を入れる厚みがありません。

img64702049

透明板で挟むタイプなら無難だと思います、ただ注意点は、樹脂版を挟んだときに、裏側から

光があたり、硬化させてしまいますので、黒い光を通さないビニール等を1枚背面側に一緒に

挟んでから感光してください。

樹脂版作成について

注意点

・必ず、小さな樹脂版(1cm角程度)をいくつか用意し、その日の天気で硬化する時間測定を

行ってください。

参考記事

樹脂感光時間の試験例

・ネガフィルムはインクジェットプリンターで印刷されますが、プリンター機種によっては

光を透過させる印刷もありますので、同じものを2枚印刷、ぴったり重ねて光透過をしっかり防ぎ

感光させてください。

参考記事

上手な製版【ネガフィルムはより黒く】

・各樹脂版のホームページより作成手順を確認してください。

すたんぷつくーる!作成手順

れたぷれ!作成手順

 

今回も沢山のご参加ありがとうございました。