Pocket
LINEで送る

レタープレス(活版印刷)では樹脂版を使う事でデザインに自由度が広がります。

今回はとても安価な以外なものを使って「ドットライン」を空押ししさらなる自由を手にします。

もともとのカードは以前の記事で掲載した

シンプルな「simple.」のレタープレス(活版印刷) のカードを使用しました。

ドットラインに使用したものはこちら

ビーズバンド、配線コード等をまとめる結束バンドを使っています。

たまたま家にあったこの結束バンドを手にしたときに、「あっ!これ、どうなる?」と

思ったそのまま、気付いたらプレスしていました。

くるくるーっと。そう、くるくるーっと。

まるで結束バンドを挟んでくるくるーっとしたとは誰も思わないであろう仕上がりになりました。

これによって、家中のあらゆるものをそういう目で見るようになり、

出かけた先では、向かいのホーム、路地裏の窓、こんなとこにあるはずもないのに・・・と。

プレスできる素材を探してみるようになりました。

 

 

Pocket
LINEで送る