Pocket
LINEで送る

紙袋や紙箱、カード等にスタンプでオリジナルパッケージやショップカードが作成できます。

パソコンでショップロゴや商品用デザインを作成し、【すたんぷつくーる!plus】の樹脂版を作成

 

以下作成手順となります。

パソコンで画像を作成し、フィルムに黒印刷して、ネガフィルムを作成します。

樹脂版は太陽光をあてると硬化する特殊な樹脂となっており、硬化させる部分(凸部)と

硬化させない部分(凹部)でゴムスタンプのような状態の凸版樹脂が作成できます。

家庭用プリンターでは、黒濃度が足りず光を遮れない状態になりますので、

同じデザインを2部印刷して、フィルムを2枚重ねて黒濃度(遮光度)を上げて感光させます。

片方のネガフィルムに「貼ってはがせるのりスプレー」を軽くかけて2枚重ねる状態にします。

画像でわかるように重ねると遮光度が上がり、光を遮る事ができます。

ズレがないようにぴったりあわせます。

すたんぷつくーる!plusの樹脂版を普通のはさみで必要なサイズにカットします。

ネガフィルムと樹脂版はしっかりと密着させた状態になるようにセットします。

例)

①のりスプレーをかけて樹脂版とネガフィルムがくっつく状態にする

密着ポンプで真空状態にして密着させる

今回は細い線や小さく細かい文字があるので密着ポンプでしっかり密着させました。

 

上の右画像は裏面から写した画像、真空状態になっています。

(黒ビニールをかぶせて余分な光が周りから入らないようにセットしています)

太陽光、または硬化専用ライトを使って樹脂版を硬化させます。

 

感光が終わったら、樹脂版を水に漬けて不要部分をブラシで洗い出しします。

水に漬けると光で硬化した部分がわかりやすくなります。

ブラシで樹脂版全体をやさしくこすり不要部分を落とします。

前回記事でお勧めしている【半落とし】を行います。

※樹脂版の不要部分を落として行くと土台フィルムが出てきますが、そこまで落とさない方法です。

この方法で作成すると、細い線や細かい文字デザインがキレイに出やすくなります。

再度全体を硬化させる為に光をあて、ぬめり、べとつきが残っている場合は軽く水で洗い出し

乾燥させて完成です。

名刺サイズで作成すると、カードや紙袋、紙箱等一つの樹脂版で使いまわしが利きます。

 

 

Pocket
LINEで送る