樹脂版の作成は通常プロが行うものですので、それなりのツールを使用して作成されます。

印刷業、デザイン業界、このような文字を使用してデザインをしていくなら「Adobe Illustrator」

(イラレ)が一般的です。

しかしながら、私たちは全然プロじゃない。

イラレなんかパソコンに入ってない。購入もできない。

そんな環境でもフリーソフトを駆使して「そこそこいいやつ」を作成するのが

「樹脂版作成DIY」の精神です。

・フリーソフト 「LOGO!

上記画像の赤四角「形状」タブを開くと「スタイル」で【山】を選択すると文字が山の形状に

変形率%で曲げる大きさを変えられます。

「スタイル」で【レンズ】を選択すると、真ん中が絞られたような形状に変化します。

上記を組み合わせて作成したのがこの作品

「THANKS」はうっすら山の形状「LETTER PRESS」は(レンズ)で真ん中が絞られた形状です。

・フリーソフト「Inkscape

インクスケープ

こちらは少し機能が豊富で、上記の「LOGO!」で変形させた形も含めもっと自由に変形させられます。

「エンベローブ変形」という機能を使います。

ソフトを使いこなすには少し勉強する(機能を覚える)必要があります。

でも覚えてしまえば、自分のイメージの通りのデザインを作成できるようになるでしょう。

・フリーソフト「Paint.NET」+「円形テキスト(プラグイン)

ペイントドットネット

この機能を使うとサークル型に文字を並べる形状が作成できます。

調整で半円状等に並べられます。文字を曲げるというより、円に沿って文字を並べるような

感じになります。

この機能を使って作成しているのがこちらで「Stamp Making」の文字部分で使用しています。

こちらのソフトでは、ネガフィルムをプリントする前の白黒反転、水平反転の際にも使用しています。

 

簡単に使えるのは「LOGO!」

あった方がいいのが「Paint.NET」

よりかっこいいロゴを作成したいなら「inkscape」

となります。

 

各使用方法の詳細はネット上で検索すると沢山でてきますので、そちらを参考にしてください。