活字版のおうちで活版印刷機を試作後、たわむれています。
おおまかな仕組みとしては上手くいっていますが、まだまだ製品化するレベルにはないので
しばらくは耐久性や改善できる箇所、印圧調整の仕組み等をより精度を高めるためにたわむれていきます。

なによりも活字バージョンの印刷機をほしい人がそんなにいるかという問題もあります。

大量生産にはならないので、少量生産ならどうやったらもっと安価に作れるかっていうテーマとか
好きなだけではチャレンジがむずかしい色々なハードルもあります。

応援いただける方が多ければ、本格的に、積極的に開発に取り組もうともおもいますが、いかがでしょうか?

とりあえずツイッターをフォローいただけますと、そちらにて最新情報を公開いたします。

限定数で発表の場合に確実に手に入れたいと思う方のみで良いですので。
すたんぷつくーる!ツイッターのページ

2種類の紙でテストしています、上はボール紙、下は100円ショップの薄い名刺紙。
印圧強めを通りすぎて、活字突き刺さり印刷のように裏側突きでています。

ちなみに、使用文章については(?マーク)使っていると思っていたら(、)だったので
意外と気付いてない人が多そうな気がしてたわむれついでに気付いてますアピールをしてみました。