パスタマシンでレタープレス印刷

パスタマシンのローラー通過厚みは3mm程度までになります、
アクリル板等ではさむと厚みが厚すぎてローラーを通過させられなくなるので
基本的に【硬質カードケース】を使います。

【硬質カードケース】を使う理由は印刷時(ローラー通過時)に
「樹脂版と紙の位置が毎回同じ位置」に印刷ができるという設定が可能になります。

また、「紙の位置設定」には【戸当たり防音テープ】で印刷紙を囲うように設定します。
この少し硬めのスポンジがローラー通過手前で樹脂版のインクが印刷紙に付着するのを防ぐ役割
も果たしています。

 

設定したカードケース(樹脂版貼り付け+紙位置スポンジ)のまま保存しておけば
次回印刷時もその設定のまま印刷を続けることが出来ます。
※他の印刷機の場合は印刷開始時に毎回位置設定が必要です。そうです「楽」なんです。

パスタマシンは「ダイヤル設定」で紙の厚み等で最初に凹み具合を設定するだけです。
あとは連続してパスタマシンを通していくだけ。

 

十分に凹み具合も良く、キレイに印刷が出来ます。

印刷時の一連の動作を動画にもまとめました。

以前は印刷後のインク乾燥用に「ゴッコカードラック」や「どんとキャット」を使っていましたが
使わなくても問題なかったので、印刷後のカードをどんどん重ねて置いてます。