今回は実験的に「麺棒」で【レザー刻印】を試験してみました。

十分に刻印ができたので、報告いたします。

【麺棒】はダイソーで購入。

以前に「カード用封筒」にレタープレスした樹脂版を使用して試験しております。

※インク汚れが少し残っておりますが、試験なので・・・。そのままGO!

革は表面だけを濡らすより、全体を水に漬けてしまった方が良いようです。

袋に入れ革を「ヒタ漬かせ」ます。

硬質カードケースに革をセットし

※黒スポンジ枠も以前の印刷時の【封筒用】のまま使っています。

カードケースは革と樹脂版位置が刻印中にズレるのを防ぎます。
また、連続で同じ位置に刻印する時に便利です。

上半身の体重を乗せ、「ゆっくり」と麺棒を転がします。

そこそこの刻印が出来ました。
レザータグやしおり、ストラップ等の小物ならこれでも十分いけると思います。

※注意!>今回は上半身の体重を1文字1文字に順番にかかって行く事で刻印が出来ています。
面積が大きくなるほど「かける圧力」が必要になって来ますので「体重に自信のある」かたは
もう少し大きめサイズも刻印が可能になると思います。

参考までに今回刻印に使用している樹脂版の文字サイズ

最後に一連を動画にて編集アップしております。