今回は数種類の革を使って「麺棒刻印」の試験をしました。

カードケースには革の幅に合わせたスポンジテープを貼り、毎回同じ位置に刻印できる設定にしています。

前回試験の時の革素材は0.5mm程度の薄い素材であったため、深く刻印されていませんが、
今回1mm~1.5mm前後の厚みの革を数種類試験しています。

革の種類によってはまったく刻印されないものもありましたが、プレス機を使わなくても
十分に刻印が出来てしまいました。

ただ、大きな面積の刻印はこの方法ではむずかしくなりますので、あくまで小さなワンポイントや
1行程度の刻印の場合の参考にしてください。

連続で数種類に刻印する動画を編集しました。