日本での樹脂版を利用した凹凸のある 活版印刷 はここ数年で盛んになってきております。

海外では歴史も長く、グーグル検索で沢山の レタープレス 作品を見つける事ができます。

グーグルの画像検索で、「letter press business card」というキーワードで検索します。
自分が作成したいデザインの見本を探す事ができます。

レタープレス で結婚式の招待状等を作成したいという方は「letterpress wedding invitations」で
検索して参考となる作品を見つける事ができると思います。

沢山の作品を見る事で「活版筋」が鍛えられます。
海外のハンドメイド系ネットショップにも多く作品を探すこともでき、作家さん自体を参考に
するという方法もございます。

レタープレス にもっと興味のある方は「letterpress printing」というキーワードでもっと色々な
情報を確認することができると思います。

おもしろい歴史として、イギリスの レタープレス印刷機 のメーカー「ADANA」がありますが、
1999年に倒産し、最後の印刷機を日本に販売されたと記録が残っております。

その最後の印刷機の納入先は「印刷博物館」とされているようです。
また、「ADANA」の印刷機は「CaslonLimited」が引き継ぎ現在も販売されております。

こんな運命的な歴史でつながっている日本で、もっとレタープレス(凹凸活版印刷)が
盛んになっていくと良いと思います。

もう一つ気になる予言をみつけたので、ついでに
「小さな活版印刷機」大人の科学マガジン のことはこの記事を読まれる方ならご存じかと思われますが、
発売が2017年12月15日となります。

このおよそ10年前(2008年)のブログで予言というか、その当時は希望的な記事をアップされている
ものがございます。
活版岡田屋分店/2008-04-20/初号機完成
「大人の科学マガジン あたりでやってみても良さそうじゃない?」

この記事を 大人の科学マガジン さんは知っているのでしょうか?