ずるい活版印刷機にて印刷していく工程の手順
最初に「硬質カードケース」を用意し加工して行きます。

 

今回は「A6サイズ」カードケースを用意し、両サイドをはさみで切り開閉可能な状態にします。
※名刺サイズカードを印刷する場合は「A6カードケース」が使いやすいです。

 

両サイドをカットしたら、開いて折り曲げ開きやすい状態にします。

 

カード位置合わせに、クッションテープ(戸当たりテープ)を使います。
粘着が強く、一度貼ると剥がせなくなってしまうので、貼り直しがききません、そのため、下地としてマスキングテープをあらかじめ貼り、その上からクッションテープを貼ります。
※クッションテープは位置合わせに加え、印刷時のインク汚れが付くのを防ぐ役割もはたしますので、重要なアイテムとなります。

 

樹脂版をカードケースに貼り付けるのに、「幅広の両面テープ」を使います。

 

印刷時の紙への「圧」凹み具合の調整には、パスタマシンのダイヤルの調整とさらに微調整として、樹脂版側背面にテープを重ね貼りして行います。
今回は、養生テープを2枚重ね貼りした上に青い幅広マスキングテープを貼って丁度良い「圧」になりました。

この樹脂版位置合わせセットを作ってしまえばあとは永遠に刷るのみ

 

印刷紙を置いてインクを付けて印刷機を通す。(繰り返し)

以上「パスタマシン」で「テキン」の図を刷っている「ずるいカッパンピーポー」の紹介でした。